豊橋で働いていた時の同僚の嫉妬と学び

 

こんにちは(^^)

 

結婚する前まで働いていた仕事場の友人との事をお話しさせて頂きます。

友人は美人ですが、どうもネガティブな考えで「どうせ私なんか…」と、よく言うタイプの女子でした。でも自分の方が私より「美人」という自覚はあるので私の事を下に見ていて、マウンティングしてくるのでした。

彼氏が出来たら「イケメンなんだよ~絶対○○ちゃんも好みだと思う~」と写真を見せてきたり、仕事でも自分が成功するとそれも上から目線で「まだ終わってないの~遅いよ~」とか色々と言ってきていましたが、マウティングしたいのだな…と私は思っていたのでニコニコしながら受け流していました(笑)

ネットで調べた英会話をやってみたら、外国人の彼氏もできて、英語も話せるようになった、と自慢されたこともありました(^_^;)

でも彼女的には自分が「上!」と思っていたのに私の方が先に結婚して子供を産んで寿退社したら、辞めた会社の友人達に悪口を言って回って私の評判を落としたり、子供が産まれてまだ1週間で産後のダメージが抜けきっていないし夜中に授乳しなければいけない時期に見計らった様に夜中の12時くらいに電話を掛けてきて自分の「恋愛相談」を延々朝方4時近くまで話すのです。。

子供が泣いてもお構いないしで話を続けようとします。そんな事が2週間くらい続くと私も流石に子供の面倒を見ながら彼女の相手をするのに疲れてしまいました。また夜中に電話がかかってきた時に「ちょっと子供の面倒も見ないといけないから、もう少しかける頻度を考えてくれないか?」とお願いした所、突然キレられ「こっちは育児大変だろうと思って気分転換に電話してあげてるのに何その言い方!」と言われ更に「先に結婚して子供産んだからって勝ったと思うなよ!」と言って電話を切られました…しばらく無言電話などありましたが最終的には私が電話番号変えて引っ越しをした事により解決しましたが女性の変な嫉妬は恐ろしいな…と思いました。

そんな友人でしたが、英会話に関しては試したところ、びっくりするぐらい英語力が身についたかな、と思いました!

こんにちは!

 

私は妊娠中に味覚障害になってしまいました。いつの間にか発症して、気づいたら味を感じにくくなっていたのです(>_<)

まず、分からなくなったのは塩味でした。それは妊娠の後期のことでしたが、産婦人科で相談したところ、妊娠中のマイナートラブルでたまに起こることで、出産したらまた戻るから心配しすぎない様にということでした。

確かに、出産して味覚は一度ほぼ正常の状態にまで戻りました。

日常生活でも、味について気にすることはほとんど無かったので、味覚は戻っていたのだと思います。しかし、出産後半年くらいたったころから、またいつの間にか味を感じにくくなってしまっていることに気づきました。

今度は塩味だけでなく、甘みや旨味も感じにくく、料理の味が全体的にかなり鈍い状態に陥りました。食べて味がしないのも大変困るのですが、それだけではなく、味付けをする際も勘が頼りになるので、今思うと変な味付けだっただろうなと思います。

味覚障害は、他の疾患に比べて罹患者が少ないのか、あまり専門外来のようなところは近所にはありませんでした。インターネットで調べると、管轄は耳鼻咽喉科だということで、早速耳鼻咽喉科を受診しましたが、すぐに味覚を元に戻せれるような有効な薬は無いようでした(+o+)

メチコバールという末梢神経の働きを良くする薬を戴きましたが、特に効果は感じませんでした。その後、産婦人科にも相談に行き、その際は漢方薬を戴きましたが、漢方の特性ゆえ効き目も穏やかで徐々にという感じとのことでした。

結局何が原因か分からないまま、産後1年半くらいたって徐々に味覚は戻っていったのですが、今考えてもあの症状は一体なんだったのだろうと思います。

あと最近、とっても睡眠が浅く良く寝れなかったので、枕を変えてみました!

たまには気分転換に良いかと思います!

 

http://xn--t8jrta4rxb1886dm6wb.com/

枕で肩こり・睡眠不足解消

ああ、とうとう息子まで視力が落ちてしまった、何が悪かったのだろう?

 隣に私の実父母が住んでいますが、長い間、私と母は不仲でした。

今でも2人きりで会話していると、母から「まったく、あんたには本当に頭にくる!」と言われることもしょっちゅうです。母曰く、私とは相性が悪いのだそうです。言われても耐えるしかないのですが、このことは私にとって長い間、大きなコンプレックスでした( ノД`)


 さて、私が自分の視力低下を認識し始めたのは、確か高校生の頃だったと思います。何気なく顔を上げテレビを見たら、、、あれあれ画面がいつもよりぼやけて見えます。何これ?怖い!え?もしかしてこれが視力低下?私が?と恐怖を感じたのを覚えています。そんな状態でも眼科へ行かなかったので、原因は定かではありません。多分、暗い所で本を読んだとか、テレビを近くで見すぎたとかではないでしょうか( ;∀;)
 私が眼鏡をかけるようになったのは、免許をとってからです。免許更新で視力検査をし、左0.3右0.4と言われ、小学校の頃、2.0だったのを思い出し、心で泣いたのを覚えています。ですので、夜間、車の運転をするときには眼鏡が必須です。
 何とそんな私を真似するかのように、中一の息子がこの間の視力検査で、左目が0.7と判定されてしまいました。ずっと2.0でした。近々眼科へ行きますが、多分眼鏡をかけましょう!と言われるのではないかと思います(@^^)/~~~
 では私が視力回復のために何をしたかお話しします。例の仲の悪い(笑)母に相談したところ、ブルーベリーを食べるといいよ!というとても優しいアドバイスをもらい、実践しました。毎日ではないけれど、半年くらいは続けたと思います。結果!視力は回復しませんでした( ノД`)
 知り合いに視力回復に役立ついい方法を聞きまくり、親子で挑戦し続けるつもりです。めげずにがんばりま~す!(^^)!

その一つを紹介しますね↓

http://www.xn--tfru3ard13jrsjymfs82g.com/

はじめまして(^.^)

美味しいものには目がない、40歳会社員女子です!

 

美味しいものを食べて、美味しいお酒を飲む!

この組み合わせに人生の幸せを感じています(^.^)

そして、良い温泉があればなお良し☆

 

という感じで、

美味しいものを見つけることに幸せを感じてしまったため、

全く結婚などに縁がなくなってしまいました。。。

 

その分、みなさんに良いスポットを紹介出来るかなと思っています!

 

住まいは東海地区なので、同地区のスポットが多いですが、

美味しいものを探しに休みは各地に探索に行くので、様々な

地域のものを紹介出来るかと思います!(^^)!

 

さて第1回目の今日は、ホテル木曽路さんです。

 

あれ、、、

飲食店じゃないの??

と思ったかた。そうですよね。。

 

ですが、ここ。食べるものが美味しいのはもちろんですが、

独自に造る地ビールがとっても美味しいんです☆

そして、さらに温泉!ここの温泉は本当に最高です!

とっても広く、開放的な温泉で、泉質もとっても良いんです!(^^)!

そして浴室は総檜と総大理石!!!

 

なので、ここは良い温泉に入って、美味しいお酒を飲みながら、

美味しい食事を食べることができる、といった総合点で大変高い

得点なんですね。

 

食事は通常ですとビュッフェ形式になり、自分の好きなものを

色々と食べれます!美味しいお酒とごはん、ついつい食べ過ぎちゃいますよ!

 

地元の方の話しでは、ここのオーナー会社は石屋さんのようで、

先に記載したような、総大理石風呂といった離れ業もこなすことが

出来たようです!(^^)!

 

ここは良くミステリーツアーなどで、訪れる観光バスもよく見かけます。

なので、知る人ぞ知ると言った感じなんですね。

 

また近くには、中山道の宿場町として栄えた馬篭宿などもあり、ぜひ泊りで

ゆっくり訪れてほしいと思います。

 

本日はこのあたりで、失礼します。

また次回お会いしましょう☆